有名人は、たいへん。

こんにちは、三村智保です。

8月の全国大会で風雅が優勝してから、取材が立て続けに来ています。

  • 雑誌「NHK囲碁講座」
  • 地域紙「市川よみうり」
  • おなじく「東都よみうり」
  • 江戸川区広報

道場で練習風景を撮影されたり、インタビューを受けたりして、それが記事になり載っています。

こんな感じです。

住んでいる江戸川区の区長さんに、表敬訪問に行く事も決まっています。

 

この様にテレビや新聞に出たり、さわがれる事を風雅本人は、しんどく思う気持ちもあるようです。

 

でも何の世界でも活躍すると、こういうことが必ず付いてきます。

 

7冠制覇した日本最強の井山裕太さんなら1年中、いつもこんな取材に追われている筈です。

あるテレビ番組で井山さんが特集された時には、半年ほど毎日取材の人に張り付かれて大変だったそうです。

 

本当はきっと、囲碁の練習だけして、囲碁の試合に勝つことだけ、考えていたいと思います。

 

でも日本のナンバーワンの選手になると、囲碁の知名度をあげる事、囲碁普及に大きな影響力をもちます。

そういう責任感から、大事な時間を割いて取材に協力しているのです。

 

チャンピオンになったら、自分のやりたい事だけやって生活する、とはなかなか行かないのです。

 

スケートの羽生結弦さんや、将棋の藤井聡太さん、みんな試合のあとのイライラしがちな場面でも、インタビューに感じよく答えています。

これは易しいことではありません。

 

 

大きな囲碁の大会で決勝戦に行ったりすると、ネット中継されたり、新聞に棋譜が載ったります。

これも慣れないと、けっこう恥ずかしいものです。とくに簡単なミスをしてしまったのを、大勢の人にみられたと思うと。

 

でもこれも、逃げられないことです。

とくにプロになる人は絶対慣れなきゃいけません。出来が悪かったから隠しておく。ということは出来ないのです。

 

打った碁をお客様に見てもらって、お金をもらう。それで棋士という仕事が成り立っているんですから。

 

また、ヘボな手を打ってしまった自分の碁を、すなおに認めて学ぶ気持ちも大切です。

 

少し話がずれましたが、有名になると色々大変なことも多いのです。

囲碁の技術だけでなく、恥ずかしくない受け答えができるような、人としての成長が必要です。

 

強い選手になるつもりなら、そのことも知っておきましょう。

その意味で風雅は、今回良い経験をしたなぁと思いました。